2017年07月03日

院内地域づくり協議会『 会報 2017・夏号 』発行

院内地域づくり協議会の会報2017・夏号を、7月1日に院内地区全戸に配布しました。
予算の都合で、年2回しか発行できませんが、内容については部会の皆さんが記事を持ち寄り、地域の皆さんが関心あるニュースや協議会の活動について、できるだけ読みやすく載せています。
今回も、4ページに「院内偉人伝」載せましたが、下院内御屋敷出身の近藤案左衛門(法名:ほかん)については、誌面の関係で、詳しくは載せることが出来ませんでした。
詳しく知りたい方は雄勝図書館に所蔵している「2004年発行柴田次雄先生編纂 久保田郡巴記」を参照してもらいたいと思います。
200年以上前の県内の各村々の、戸数、人口、田畑の面積、牛馬の数、地域の伝承など、きめ細かに調べられており、原書は毛筆で記され県立博物館所蔵となっていますが、柴田先生が現代文に校訂したもので誰でもわかりやすく読むことが出来ます。
例えば、小野村の「小野小町の伝説」をすでに200年以上前に、土地の古老から聞き取り載せてあり、小町に伝説に興味のある方も一読した方がと思います。
あの菅江真澄も秋田領内を旅するにあたり、参考にしたとあります。(S.H 投稿)
posted by tateyama at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ふるさと便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180229339

この記事へのトラックバック