2017年07月27日

記録的大雨の影響、院内銀山跡にも土砂崩壊の被害が出ている模様です。

7月22日〜23日までに秋田県内を襲った記録的大雨は、県内の交通機関や農家の田畑、住宅に甚大な被害が出し、連日新聞やテレビで全国ニュースになっています。
雄物川源流域の院内地区には、被害がないと思っていましたが、やはり被害が出ている模様です。
最上流の院内銀山跡で、道路に土砂災害が出ており「あれなば大変だなやー」と云っている人がいました。
院内銀山跡は、湯沢ジオパークの重要なジオサイトで、これからお盆のシーズンを前にして、早期の復旧を、お願いしたいですね。(S.H 投稿)

posted by tateyama at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ふるさと便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180468924

この記事へのトラックバック