2018年01月10日

厳冬期の院内石切り場

今日は、厳冬期の石切り場の迫力ある風景を紹介します。
昨年12月末に雨が降り、その影響と思われますが、石切り場の上層部の土砂が滑り落ちました。
館山の稜線あたりまでの土砂が、広範囲に滑り落ちており、自然災害の威力を感じてきました。
幸い冬場の時期でしたので、被害はなかった訳ですが、春になってから調査をして、安全対策が必要になると思います。
それにしても見る限りでは、今まで隠れていた上層部が露出して、前よりも迫力ある景色となっております。
冬道は、スノーシューやかんじきで、愛宕神社から徒歩10分です。(S.H 投稿)

CIMG3808.JPG CIMG3816.JPG

CIMG3819.JPG  CIMG3821.JPG
posted by tateyama at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ふるさと便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182096511

この記事へのトラックバック